「健康に、そして美しく」春のウォーキングアドバイス パート2

「正しい姿勢」と「フラットウォーキング」は如何でしたか?

前回お届けいたしました「正しい姿勢」と「フラットウォーキング」についての内容は如何でしたか?

「姿勢が良くなり、立っていても疲れず、腰の痛みが楽になりました!」
「歩くとき、腹筋を使うようになり、気持ちよく歩けるようになりました!!」
など・・・色んなご意見を頂きました。

今回は「ヒールウォーキング」についてです。3月19日の坂口先生のウォーキングセミナーでの内容を引き続き掲載させて頂きます。


◆ヒールウォーキング(ヒールのあるパンプス、サンダル、ミュール等)

パンプスやミュールは足をきれいに長く見せるために、甲の角度が最大のポイントになります。

正しく歩けば、長時間パンプスでいるつらさも軽減されます。

ブーツの場合は足首が固定されているのでヒールであっても、フラットシューズの歩き方が良いようです。



point1

甲をすっとのばす!

足首を柔らかくして、甲を伸ばすと足が長く美しく見える。
ここでも膝は円を描くように丸く出して。

point2

つま先から着地する!

足はつま先から落とします。
ヒールの高さによってはつま先とヒールが同時に着地することもありますが、あくまでつま先から下ろすイメージで。
上半身も足といっしょに前方へ体重移動します。

point3

腕は後ろに引く感じで!

勢いよく腕を前に振ると行進しているような印象になるのでご注意!
肘は動かさず腕のつけ根を支点に後ろに引く感じです。
手足が長く美しく見え、二の腕のいい運動にもなります。


以上、如何でしたでしょうか?


正しい姿勢で正しいウォーキングは、誰にでも手軽に出来る健康な身体作りへの第一歩でもあるようです。
まず覚えたことを意識することから始めてください。
きっと驚くような効果を実感し、身体の変化に気付いていただけるはずです。
いつでも、そしてどこでも、道具を必要としないウォーキングで、もっと健康に、そしてより快適な生活を送っていただければと願っております。


坂口先生のC’sウォーキングスクール
http://www.cswalkingschool.jp/


このページのトップへ