「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」・・・

「中秋の名月」、そして「食欲の秋」本番!

皆様、きれいな「お月さま」をご覧なられましたでしょうか?
古くから親しまれている「お月見」は作物の実りに感謝して、
旧暦の8/15に行われる祭事です。(今年は10/3でした)

月の呼び名も一晩ごとに違うようです・・・
旧暦の8/15が十五夜、8/16十六夜(いざよい)、
8/17立待月(日が暮れた後、立って待っている間に出ることから)、
8/19寝待月(床に入って待たないとならないくらい月の出が遅いことから)、
8/23下弦の月、8/26有明月(夜明けの空に昇ることから)

「十五夜」、別名「中秋の名月」。
爽やかな気候の、澄み切った秋空のこの日の月が
一年を通して最も美しいといわれています。
新しい収穫物の五穀豊穣を祝い、実りを感謝する祭事。
この時期は里芋の収穫期と重なり「芋名月」とも呼ばれ、
この日に里芋を食べると縁起が良いとされています。

「食欲の秋」を満喫できるこの時期ならではの自然からの
とっておきの贈り物がたくさんあります。
「食欲の秋」だけでなく、「スポーツの秋」そして「読書に秋」
もあわせてご堪能下さい。


このページのトップへ